アデリアレトロ × 浴衣

アデリアレトロ浴衣
シャドーライン

アデリアレトロ 浴衣特集
創業200年を迎えたガラス製品の先がけ「石塚硝子株式会社」にて昭和36年に登場した食器ブランドです。昭和当時に多くの家庭で親しまれていました。

花や動物など、かわいらしいデザインをあしらったグラスは昭和のうちに生産終了してしまいましたが近年、若者の間で広まった昭和レトロブームから注目が集まり、現代でも安心してお使いできるように復刻した製品が『アデリアレトロ』です。

この度そんな人気の「アデリアレトロ」の懐かしくて新しいデザインとニコアンティークの個性的で奇抜な世界観をミックスしたコラボレーションが実現しました。

アデリア浴衣

レディース 女性浴衣

キッズ 子供浴衣

アデリアレトロ(パターン)

ラプソディー

ラプソディー アデリアレトロ

ストライプの花柄がかわいらしい「アデリアラプソディー」は、昭和48(1973)年に発売された柄です。
昭和当時は、グリーンの磨りガラス調の脚付きグラスにプリントされていました。
グラスにお行儀良く列んだお花たちがなんとも愛らしく、見る人をどこかほっこりとした気持ちにさせてくれます。

花の輪

花の輪 アデリアレトロ

白と水色の組み合わせが爽やかな「花の輪」は、昭和51(1976)年に発売された柄です。
昭和当時はクリアブルーのグラスにプリントされていました。
大小のポップなお花が咲きこぼれた、動きのあるデザインが印象的です。
涼やかな色合いのお花が何輪も重なり合うように描かれ、可憐で優しい雰囲気が漂っています。

アリス

アリス アデリアレトロ

オレンジと黄色のポップな色使いが印象的な「アリス」は、昭和アデリアの代表的な商品の一つです。
昭和46(1971)年の発売と同時に主婦や若者の間で人気となり、食卓をカラフルに彩りました。当時の商品はコップ・ピッチャー・カップ&ソーサー・容器・灰皿など多岐に渡ります。
ギザギザの花びらがトレードマークで、レトログラス好きな方々をはじめ、現在でもなお親しまれています。

野ばな

野ばな アデリアレトロ

清楚でかわいらしいデザインの「野ばな」は、昭和アデリアのヒット商品「アリス」と並んで、当時人気の高かったシリーズです。
昭和49(1974)年に贈答用のガラス食器セットとして販売をスタートしました。その翌年には単品も発売され、家庭用グラスウェアとして普及しました。
白い花柄はよく見ると花びらが散っているものもあり、当時のデザイナーの遊び心が感じられます。

梨 アデリアレトロ

素朴で優しい風合いの「梨」シリーズは、家庭用ガラス食器として昭和50(1975)年に発売されました。
「アリス」や「野ばな」シリーズと一緒にアデリアのカタログに掲載された、昭和の人気商品です。当時は様々な形状のガラス食器に展開され、かわいらしいフルーツのデザインが注目を集めました。
まん丸でコロコロとした梨のプリントは、眺めているだけで心がほっと温まります。

花ざかり

花ざかり アデリアレトロ

「花ざかり」はその名前通り、グラス一面に咲きこぼれたマーガレットが華やかなシリーズ。お花畑のような柄はテーブルに置くだけで明るく、楽しそうに見えます。
「花ざかり」が最初に発売されたのは昭和46(1971)年。当時は琥珀色(アンバー)のグラスと、無色透明のグラスにプリントされた2種類が生産されていました。
その時代の流行であった花柄を目一杯取り入れた、存在感のあるデザインです。

おとぎ話

おとぎ話 アデリアレトロ

ヨーロッパの童話のような世界観が印象的な「おとぎ話」は、昭和46(1971)年に発売された柄です。
昭和当時は、お菓子などを入れるガラス容器として販売されていました。
ほのぼのとした情景はまるで絵本の中のワンシーンのようで、動物やお花に囲まれて暮らす人々の姿に心が癒されます。
じっと眺めていると何かストーリーが浮かんできそうな、想像力を掻き立てるデザインです。

コレック

コレック アデリアレトロ

オレンジ色のチューリップがキュートな「コレック」は、昭和48(1973)年に発売された柄です。
昭和当時の「コレック」は琥珀色(アンバー)のグラスにプリントされ、ギフトセットとして販売されていました。昔は贈答品としてグラスのセットをプレゼントすることも多く、家庭での普段使いや来客用の食器として重宝されていました。
まばらに列んだ素朴なチューリップ柄のグラスは、今も昔も変わらないかわいらしさでテーブルを明るくしてくれます。