蚊帳ハンカチ 蚊帳ふきん

蚊帳(かや)生地 布巾・ハンカチ
シャドーライン

蚊帳(かや)生地

  • ハンカチ[全商品一覧]

  • フキン[全商品一覧]
  • ハンカチとフキンセット[全商品一覧]

蚊帳生地は、天然パルプ繊維ならではの柔らかさ

シャドーライン

蚊帳生地はさっと洗い流すだけで簡単に汚れが落ち、生地の白さが持続します。
また、毛羽立ちも少なく、食器類を綺麗に拭くことができます。
天然由来の繊維なのでお肌にもやさしく、化粧落としや赤ちゃんの肌拭きにも適しています。

蚊帳生地の歴史

蚊帳生地イメージ

蚊帳生地の歴史は古代まで遡り、エジプトのクレオパトラが愛用していたとも言われています。
日本には中国から伝来し、当初は貴族が用いていましたが、江戸時代には庶民に普及され始めました。

蚊帳は文字通り、蚊などの害虫から人を守るために、1mm程度の網目で織られている生地です。
虫は通さずに風を通すため、麻などの繊維で作られていました。
奈良は麻の産地として全国的に知られており明治時代から大正時代にかけて、着物から洋服へ時代が移り変わると同時に麻布の機屋が蚊帳生地を織るようになりました。

蚊帳生地拡大

昭和の初期頃までは、夏になればあちこちで蚊帳を張って寝ていましたが、生活の変化とともに蚊帳を張った風景もなくなりました。
現在、蚊帳生地は本来の用途とは別に、主に建築の資材や、ハンカチ、タオル、フキンなどとしても使用されています。

シャドーライン

オススメセット商品一覧

サムネイルギャラリーページ