浴衣の洗濯・たたみ方・収納

浴衣の洗い方、洗濯・収納・たたみ方

浴衣を脱いだ後のアフターケア、浴衣の洗い方(洗濯)、浴衣収納保管方法、浴衣のシミ・汚れなどの応急処置、浴衣のたたみ方などを解説している、浴衣結(ゆかたむすび)ハウツーコンテンツです。
浴衣で楽しんだ後はきちんとアフターケアをしましょう。



1. 浴衣を着て帰った後のケア

浴衣の干し方

浴衣を着た後は、飲食店や汗のニオイが気になるもの。
1、2回の着用なら、和装ハンガーに掛けて外干しましょう。
夜露がニオイを取ってくれて、次に着るときにも気にならなくなります。
気になる場合は手洗いで洗濯しましょう。
浴衣は汗を吸収しているので、湿気を取る為に昼間風通しの良い日陰に干しましょう。

2. 浴衣の洗い方

意外と簡単なので、自分で浴衣を洗ってみましょう。
汗をよくかいた日や、夕立にあってしまったりした時は1度の着用でも洗いたいものです。

まずご家庭で洗える浴衣か、浴衣に付いている洗濯表示をご確認ください。
浴衣を洗う場合必ず手洗いでお願いします。
使用する水もぬるま湯や熱湯は絶対使用しないでください。色落ちします。
不安な場合はクリーニングをおすすめします。
※衿芯のあるものは洗う前に抜いておきます。
色移り防止の為 、他の洗濯や別の浴衣とは別に洗いましょう。

① 洗面台や洗面器に水を張ります。
少量のおしゃれ着用洗剤を入れます。

② きちんとたたんだ浴衣を① につけ、約30分つけます。

③ 全体を押し洗いします。

④ 衿や袖口など汚れやすい所や、シミなど汚れ部分は直接洗剤を付け、揉み洗いします。(強く揉みすぎると浴衣が痛みます。取れない場合はクリーニングに出しましょう。)

⑤ 水を取り替え、しっかりすすぎます。

⑥ 浴衣はきちんと畳んだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分弱脱水します。

⑦ 和装ハンガーに掛け、手でシワを伸ばし乾かします。脱水する前に糊付けしますと、乾いた時にパリッとしてシワになりにくいです。
※来シーズンまで着用しない場合は糊付けはしないでください。カビの原因になります。

浴衣の洗い方

3. シミや泥はねで汚れてしまった場合の応急処置

- 食べこぼしなどのシミの場合 -
もし汚れてしまったら、乾いたハンカチを汚した部分の下に入れ、その上から濡らしたタオルで叩きます。

- 泥はねした場合 -
泥はねの場合、泥が乾いてから手で揉んでとります。
※どちらも応急処置なので、手洗いまたはクリーニングに出してください。

4. 洗濯をした後・浴衣着用後の着ジワのとり方

- 軽いシワの場合 -
シワの部分に霧吹きで少し濡らし、風呂敷やシーツなど布目の細かい布で包みます。
約10分布団の下などに入れて敷きのしします。
そのままでは湿気たままなので、もう一度干しますとシャキッとします。(日中は陰干し)

浴衣の収納方法

- 軽くないシワの場合 -
アイロンを使います。
※衿芯のあるものは抜いておきます。
※洗濯表示で必ずアイロンがけの温度を確認し、ドライでかけます。
(科学繊維のものは特に注意)
テカリ防止の為、必ずあて布をしましょう。
シワの場所に霧吹きで少し濡らし、必ずあて布をしてアイロンをかけます。

浴衣のアイロンのかけ方

5. 帯のお手入れ方法としまい方

- 帯のお手入れ方法 -
帯は基本的に洗う事が出来ませんので、帯着用後は、乾いたタオルなどで汗や汚れをとり、ハンガーにかけて陰干しし、湿気を取ります。
シーズンが終わったらシワがある部分にあて布を当てながらアイロンをかけ、畳んで直しましょう。
浴衣のアイロン(テカリ防止)

- 帯のしまい方 -
適当な大きさにたたむか、巻いて収納します。
浴衣のコンパクト収納

6. 浴衣・下駄・小物のシーズンオフのしまい方

- 浴衣のしまい方 -
汚れていないようでも気づいていない汚れが時間が立ちシミに…
出来ればクリーニングに出しましょう。出す前は、シミや汚れをチェックして、お店の人に伝えましょう。
戻って来たら、ビニール袋を捨て、浴衣に風通しをしてたたみ湿気をとります。
浴衣を収納の際は、たたんでたとう紙に風呂敷にいれ、湿気の無い平らな所で収納しましょう。

- 下駄のしまい方 -
風通しの良い場所に置いて下駄の湿気をとります。
乾いた布で表面の汚れを取り、箱に乾燥剤を入れ、下駄をしまいます。

- バッグのしまい方 -
籠バッグも乾いた布で汚れを落として、型が崩れないように紙などで詰め物をしましょう。
※浴衣と帯と浴衣小物類は一緒の場所に保管しておきましょう。
来年着るときにバラバラだと無くしたり、あるのに買い足したりする事になってしまいます。

7. 和装ハンガーの作り方

クリーニングのワイヤーハンガーに棒(園芸用の棒または竹の棒など)を図のように紐で巻きつけます。シーズンオフには紐をほどいて洋服ハンガーとして使えます。
浴衣専用ハンガー

8. 浴衣のたたみ方

浴衣は直線縫いなので、縫い目通りにたためばカンタン

浴衣のたたみ方(手順1)

(1)
下前部分を折ります。
下前部分えりを左にして広げ、赤線部分の縫い目を中心に、下前部分を折りかえます。

浴衣のたたみ方(手順2)

(2)
※印を合わせるようにたたみます。

浴衣のたたみ方(手順3)

(3)
赤印部分の縫い目と※印を合わせるようにたたみます。
衿、裾がずれないよに綺麗に揃えます。

浴衣のたたみ方(手順4)

(4)
1から3までたたみ終えた所。
次は衿部分を解説します。
衿部分のたたみ方を拡大説明します。

浴衣のたたみ方(手順5)

(5)
衿部分の拡大図です。
首元部分を図のようにたたみます。

浴衣のたたみ方(手順6)

(6)
赤線部分の縫い目を中心に※印を合わせるようにたたみます。
赤線部分の縫い目を中心に米印を、合わせるようにたたみます。

浴衣のたたみ方(手順7)

(7)
内側が図のようになるようたたみます。
内側で図のようにたたまれるようにしてください。

浴衣のたたみ方(手順8)

(8)
本体のたたみ方に戻ります。
上の袖を向こう側へ折り返します。

浴衣のたたみ方(手順9)

(9)
点線部分を軸に袖部分をたたみます。
点線部分を軸に、裾を折り曲げます。

浴衣のたたみ方(手順10)

(10)
崩さないように全体をひっくり返します。
このとき、たたんだ今までの部分が乱れないように注意してください。

浴衣のたたみ方(手順11)

(11)
袖をたたんで完成!収納の際には、シワにならないようにたとう紙や、風呂敷などに入れるとgood