浴衣生地と伝統色の解説

浴衣生地の種類

浴衣生地の種類や日本の伝統色を解説している、浴衣結(ゆかたむすび)のコンテンツです。

浴衣の生地の種類

綿紅梅(めんこうばい)
薄手の地に太目の糸を織り込むことで、布面に縞状や格子状の凹凸を現した木綿織物。
格子が凹凸になっているため、凹凸=勾配より、紅梅という名前になりました。薄手の地の太めの格子が涼しさを感じさせてくれます。

綿絽(めんろ)
綿生地に、ぽつぽつと横に穴があいた生地のこと。(これを絽目が入っているといいます。
縦方向と横方向があります)夏の着物に見られる透け感が見た目にも涼しく、高級感があり大人の浴衣を演出してくれます。

綿縮(めんちぢみ)
縮、綿しぼ、しぼなどともいう、先染めした糸を織った木綿のことをいい、経糸に普通撚りの綿糸、緯糸に強撚の綿糸を用いて、表面にしぼを現した平織の綿織物。
外見は素朴で独特の風合いがあり、紬独特の独特の凹凸の手触りが味わえます。

コーマ地
高度に精練された木綿糸(コーマ糸)を用いて織った、コーマ生地といわれる浴衣地のこと。浴衣に広く使われています。

縮(ちぢみ)
縮織の略語です。緯糸に強撚糸を打ち込み、整織後の仕上げにより、布面にシボを出す方法と、織物の組織によってシボを出す二通りの豊富緒があります。
麻・木綿・絹がありますが、特に麻や木綿は風通しがよく肌触りがよいので、夏の着物として多く用いられています。

ポリエステル
最近人気の浴衣素材がポリエステル素材。
吸汗、速乾性にすぐれた快適な着心地が暑い夏にでも着心地を整えてくれるところが人気です。
家庭の洗濯機で洗うこともできるし、ノーアイロンでもOKという浴衣もあるので手間も考えれば選択肢の一つとしては考えたいところです。
ポリエステル素材の浴衣はハリや光沢もあるので、着物感覚で着ることができます。

ライン
浴衣の伝統色

四季を移ろいを美しく彩る。日本の伝統色 十六選

日本古来の伝統色から、現代でも着物や浴衣によく使われる色を選びました。
ほとんどが身近な自然や動物や植物から採った名前や草木染などで染められた深くて微妙な色で、色同士の組合せも楽しみの一つです。
日本の風土に合った落ち着いた色合いは私たち日本人にとって最もしっくりくる心安らぐカラーではないでしょうか。
各ご家庭のモニターやブラウザによって色が多少違うことがございますので、参考までにお願いします。

古代紫(こだいむらさき)
古代紫(こだいむらさき) 紫紺染めの江戸紫や 伝統の京紫より渋い、 ややくすんだ紫。
一斤染 古代紫(こだいむらさき) 紫紺染めの江戸紫や 伝統の京紫より渋い、 ややくすんだ紫。
鶯 色(うぐいすいろ) 江戸時代に流行した、 鶯の羽の色のようなや や暗いくすんだ黄緑。
千歳緑(せんざいみどり)
千歳緑(せんざいみどり) 長寿の象徴である常磐 の松の緑色。平安時代 からおめでたい色とされた。
一斤染(いっこんぞめ)
一斤染(いっこんぞめ) 絹一疋(きぬいっぴき ) (2反)を紅花一斤 (約600g)で染めた 淡い紅色。
銀 鼠(ぎんねず)
銀 鼠(ぎんねず) 江戸時代に好まれた 明るい鼠色。錫に似て いることから錫色とも。
浅葱色(あさぎいろ)
浅葱色(あさぎいろ) 若い葱の色より青み がちの浅い緑青色。 元禄期に流行した。
山吹色(やまぶきいろ)
山吹色(やまぶきいろ) 平安文学にもたびたび 登場する、山吹の花の ような鮮やかな黄色。
朱 色(しゅいろ)
朱 色(しゅいろ) 和服に欠かせない やや黄味を帯びた 赤。天然の良質な 朱砂からくる名。
墨 (すみ)奈良時代
墨 (すみ)奈良時代 から伝わる、書画に 使われる墨の色。 墨染めとも呼ばれる。
縹 色(はなだいろ)
縹 色(はなだいろ) 奈良時代、山藍で染 めた青色を縹と呼ん だ。青の古名でもある。
刈安色(かりやすいろ)
刈安色(かりやすいろ) 古くから黄色の染料に 用いられた刈安で染め た緑がかった薄い黄色。
茜 色(あかねいろ)
茜 色(あかねいろ) 古代から赤を染めるの に用いられた茜草の、 根で染めた濃い赤の こと。
焦 香(こがれこう)
焦 香(こがれこう) 高価な香木の丁子 (ちょうじ)を染料とした 香色で、何度も染め たくすんだ茶色。
青 紫(あおむらさき)
青 紫(あおむらさき) 紫系の色は万葉の 時代から高貴な色と され、貴族が好んで 用いた。
萌黄色(もえぎいろ)
萌黄色(もえぎいろ) 萌えたつ新芽のよう な、鮮やかな黄緑で、 とり合わせにもよく使わ れる。
黄 丹(おうに)
黄 丹(おうに) 梔子(くちなし)と紅花で 染めた色で曙の太陽の 色。白に次ぐ皇太子の 色とされた。
ライン